愛犬愛猫ワクチンなび!
愛犬愛猫ワクチンなび!

ワクチンで防げる猫の病気と症状



ここではワクチンが有効な猫の病気について解説していこうと思います。猫用ワクチンの種類のページでは、3種混合ワクチンはこんな病気を防ぎます、といっていくつかの病名を出しました。でも、正直なところ飼い主さんはその病気についてはよくわからない、というのが実情だと思います。

猫汎白血球減少症(猫伝染性腸炎)

猫バルボ、と言った方がわかりやすいかもしれませんね。その名の通り、バルボウィルスによる腸炎ですが、子猫に多く見られます。しかもバルボは強力で、外から飼い主さんの靴底などにくっついて侵入することがあり、完全な室内猫であっても油断できません。また、母猫が出産時に保菌していると、生まれつきこれに冒されている可能性が高く、かなり危険になります。

猫汎白血球減少症の症状

症状としては最初に元気が無くなり、一点にうずくまることが増える、食事を摂りたがらないといったところから始まります。その後発熱・嘔吐・下痢・血便などの症状があらわれ、それに伴って脱水症状や体温の低下が見られることがあります。この病気の特性として、名前どおり病気抵抗力の元になる白血球が減少し、他の病気を併発することが増えます。ただでさえ耐久力がおちている状態なので、こうなるとさらに危険性が高まってしまいます。

飼い主さんの対応

まずは、他の猫に移ることについてはなんとしても避けなければいけません。きちんと排便の処置をほどこし、消毒することが大事です。発症したら有効な治療手段もありません。対症療法と子猫の生命力にかけるしかないのが現状です。また、有効な予防法は現在ワクチンしかない(飼い主さんともども室外に一歩も出ないなら別ですが)のでワクチン接種はぜひとも行っておきたい病気の一つです。

猫ウィルス性鼻気管炎

子猫から成猫までまんべんなく発症しやすいのがこの猫ウィルス性鼻気管炎です。病気のもとになるウィルスの名前を取って、猫ヘルペスとも言います。体力の無い子猫にとっては命取りにもなりかねない怖い病気の一つです。また、このヘルペスが厄介で、病気が治ったからと言って安心できません。

猫ウィルス性鼻気管炎の症状

急に症状が悪化するのが特徴で、くしゃみ・鼻水・ヨダレといった一見風邪のような症状を見せます。(このくしゃみやヨダレでほかの猫にうつるので要注意)このとき、一緒に結膜炎を起こすことが多いのも特徴です。通常、充分な体力があれば3〜4日後をピークにして、次第に回復してきます。しかし上で“厄介”と言ったとおり、ヘルペスはやっつけられていません。形勢不利なので隠れただけなのです。そのため、その後猫が体調を崩した、とかストレスを受けているとみると、また出てきて悪さを始めるのです。

飼い主さんの対応

一度治ってしまえば免疫が出来るので、ヘルペスが悪さをしても症状にまで出る事はあまりなくなります。ところが、この状態でも他の免疫の無い猫にはうつってしまうのです。つまり、一度この病気を発症した猫は絶対に他の免疫の無い、ワクチンを接種したこともない猫とは一緒にしてはいけません。一度ヘルペスにやられた猫は、ずっとキャリアのままなのです。

ページTOPに戻る

猫カリシウィルス感染症

カリシウィルスも厄介で、どう厄介かと言うと、症状がとても多く、それによって対応ワクチンもかわってくる、というのがあげられます。また、猫ウィルス性鼻気管炎と同じく、治ったように見えても実はキャリアとなることが多く、いつまでも他の猫に対しての脅威となり続ける事もポイントです。

猫カリシウィルス感染症の症状

症状が実にさまざまで、上の猫ウィルス性鼻気管炎のような症状を見せるもの、外見にはまったく症状を出さないもの、粘膜に潰瘍を起こしてしまうもの、肺炎を起こすものなど、多種多様です。潰瘍を起こすものは大抵、口・鼻などに反応が見られるのでわかりやすいかと思います。こういったものは通常、猫のほうにきちんと抵抗力さえあれば半月ほどで回復します。怖いのは肺炎タイプ。呼吸がゼエゼエと荒いようなら要注意です。肺炎タイプは悪化すると助からないことも多いので特に注意が必要です。

飼い主さんの対応

こちらも、回復後キャリアとなった猫を他の猫に近づけないことが大事です。また、ワクチンは全部のカリシウィルスに対応するわけではないのですが、基本的にもっとも怖い肺炎系を防ぐことが出来るので、接種を受けておくと安心です。

ページTOPに戻る

猫白血病ウィルス感染症

この猫白血病ウィルスというのがちょっと変わっていて、生まれたての子猫がこのウィルスに侵入されると、ほぼ100%が体内で増殖し、やがて発症して命取りになります。しかし乳離れが済む頃になると50%、一歳を迎える頃になれば10%ほどにまで落ち込みます。今までの病気がうつってすぐに発症するのに比べると、じりじりと数を増やして、やがて発症するという息の長い病気になります。

猫白血病ウィルス感染症の症状

症状も最初はおだやかで、どうもいつみても元気が無い、すぐに風邪を引く、といった症状がゆっくりと始まり、やがて身体の抵抗力を奪っていきます。そうして猫の抵抗力を奪った後でほかの病気を引きよせるなど、さまざまな悪さを始めます。

飼い主さんの対応

ゆっくりと猫を苦しめ続ける上に、一度体内で増殖を始めると根治が難しいのが特徴です。しかし幸いにも他の猫にうつる力はかなり弱いので、病気の猫と一緒にしておかなければ、そううつりません。ですからこの病気と診断されたら(または疑いが出たら)、まずは別の部屋に分けてしまうのがポイントになります。

ページTOPに戻る

猫クラミジア

これは他の病気からすれば生命的な危険は少ないと思います。ただ、その分ありふれたもので、ほかの飼い主さんも放置していることが多いのが特徴です。つまり、外出先でうつされてきやすいので、そういった面では要注意です。

猫クラミジアの症状

猫ウィルス性鼻気管炎や猫カリシウィルスと似たような症状が多く、くしゃみ、鼻水、結膜炎などが主な症状になります。ただ、悪化すると肺炎を併発することがあるので、その点は注意が必要です。

飼い主さんの対応

他の病気と症状が似ていたり、一緒に他の病気を併発したりしていることもあるので、甘く見ないようにします。通常は半月ほどで回復してきますが、その間に悪化がひどいようなら獣医さんに相談しましょう。なお、人間にも結膜炎をうつすことがあるので、猫の世話のときは要注意です。

ワクチンで防げる猫の病気のまとめ

猫の場合は、基本的には3種混合ワクチン(このページで言えば上3つを予防します)を打つことが多いのですが、その他の病気も決して軽視できるものではないと言えます。ワクチンアレルギーやその他の問題とも相談しなければいけませんが、必要に応じて(飼い主さんの事情に合わせて)最適なものを選択する必要がある、と言えますね。


ページTOPに戻る


ワクチンで防げる猫の病気
このページをブックマークする