愛犬愛猫ワクチンなび!
愛犬愛猫ワクチンなび!

狂犬病とワクチン



狂犬病は犬の伝染病最悪の病気です。何しろ一度狂犬病を発症してしまえば生存確率は0。それどころか、法律で治療すら認められていないのです。なぜなら、狂犬病は犬とついてはいるものの、実際は体温を一定に保てる動物、猫でも熊でも鳥でも・・・そして人間でも発症し、確実に死んでしまうからです。ですから、狂犬病を発症した動物は人間に感染しないようにすみやかに安楽死処分されてしまうのです。ここではそんな恐ろしい狂犬病について紹介しましょう。

狂犬病とは

狂犬病ウィルスに感染したことによって起こる感染症です。脳がやられ、訳も無く暴れ周り、周りのものに見境無く噛み付き、やがて昏睡から死に至ります。狂“犬”病ではありますが、冒頭にも述べたとおり、ほとんどの動物に感染する事があります。日本ではほぼ撲滅に成功しましたが、海外ではまだまだ当たり前のように発症し、感染した動物にかまれた人間が亡くなっています。

狂犬病とワクチン

さて、この狂犬病は感染症であり、ワクチンもありますが、あえて他のページでは触れず、このページで特集しています。そのわけは簡単。このワクチンだけは「法律でワクチン接種させることが義務付けられている特殊なワクチンだから」です。そのため、この狂犬病ワクチンは扱いが違い、動物病院だけではなく、保健所などでも接種できるように簡便化されています。なお、法律で決まっているからには違反者には罰則もあり、すみやかな接種が望まれます。また、もしあなたの愛犬が人を噛んだ場合、狂犬病の予防接種を行っていないと判明したら、安楽死処分が下される可能性があることも知っておいたほうがいいでしょう。この場合、愛犬が実際に狂犬病であったかどうかは問題にされません。

狂犬病ワクチン接種方法

上でも言いましたが、保健所や獣医さんなどに要求すれば接種してもらえます。料金は3000円くらいなので、飼い主さんの義務として、接種しておきましょう。

ページTOPに戻る

海外渡航前には必ず接種

海外に渡る際には、愛犬や愛猫には接種させておくことをオススメします。日本では実際のところ狂犬病はほぼ撲滅しました。こういった国を清浄国といいますが、日本を含めて14カ国あります。しかし、このほかの国々ではいつ狂犬病にかかってもおかしくありません。しかも、犬のみならずコウモリあたりに噛み付かれただけでも発症の危険があるわけです。人間だけではなく、ペットにも狂犬病ワクチンは海外旅行の大事な準備といえますね。なお、猫用の狂犬病予防ワクチンというのは日本ではありませんので、犬用の物を代用するか(別に問題ないとされています)渡航先で早めに接種するとよいでしょう。

狂犬病とワクチンのまとめ

日本では、ほぼ発症例が聞かれなくなった狂犬病。法律で決まっているのだとわかっていても、そういった事情からか接種率は低めのようです。手元の資料を見ても4割あるかないかというあたりです。日本ではかからないはずの狂犬病に対してワクチンを接種する必要があるのか? と言ったあたりが論点となりそうですね。論理的には海外にペットを連れ出すようなことが無ければ不要ともいえそうなのですが、法的には義務化されています。飼い主さんの判断にお任せすることになりそうです。


ページTOPに戻る


狂犬病とワクチンについて
このページをブックマークする